クリニックブログ

2018.08.31更新

 当院のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、日頃から大変ご好評をいただいています「メソアクティス」の施術に、新たなコースを追加したのでお知らせいたします。その名は「お肌再生スペシャルコース」。導入剤として、骨髄幹細胞培養液を含む「サイトプロMD」を新たに配合したのが特徴です。

?骨髄幹細胞培養液?
「幹細胞」とは、種々の細胞(骨や筋肉や脂肪などなど)のモトになる細胞で、これを培養したものから抽出したのが骨髄幹細胞培養液。その中には種々の「サイトカイン」が配合されています。

?サイトカイン?
「サイトカイン」とは、細胞同士がコミュニケーションをとるための重要な因子です。その種類は数百もあると言われていますが、その中でも皮膚に対しては、キズの治りを促進させる因子や炎症を抑える因子、コラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞を増殖させる因子などがあります。

つまり・・・
これまでは、ヒアルロン酸など不足している成分を外から補うことが施術の目的でしたが、「サイトカイン」をお肌に導入することで、ご自身の細胞に働きかけ、お肌に不足する部分をご自身の力で効率よくケアすることができるのではないかと期待される製剤なのです。

少し難しい解説になってしまいましたが、外来でも施術前のカウンセリングでご説明させていただきます。ご興味のある方は、ぜひお試しください。

院長

 

 

 

投稿者: 祖師谷皮ふ形成クリニック

2018.03.10更新

ワキ汗の治療についてご紹介いたします。
治療をご希望の方は、この記事をご参照いただき外来を受診してください。
皆さまのお悩み、症状をお聞かせいただき、それぞれに合った治療法をご紹介させていただきます。

・ボトックス注射(※): この注射は、汗を作りなさい!という指令が神経から「汗腺(汗を作り出す組織)」に届くのをブロックすることで汗を止めるものです。
ボトックス注射の適応となった場合、注射を行う日の予約をお取りいただきます。注射当日は、まず院内で麻酔のクリームを塗ります。ラップをあてて、1時間ほどお待ちいただきます(痛みに強い方は、麻酔なしで待ち時間なく、冷却のみで行うこともできます)。麻酔が効いてきたら、いよいよ注射を行います。片方のワキに10箇所程度、注射をします。最後にガーゼをあてて終了です。当日の運動は避けていただきますが、日常生活には支障ありません。注射後数日で汗が止まってくるのを実感していただけると思います(効果には個人差があります)。その後は個人差がありますが、通常6ヶ月から9ヶ月ほど効果が持続する方が多いです。汗の量によって、春先と秋の年2回行う方、春先に1回のみ行う方が多いです。
※診察を行った結果、「原発性腋窩多汗症」という病名がついた方に対して保険治療で行います。

・塩化アルミニウム外溶液:こちらは保険の効かない自費診療になります。塩化アルミニウムには、汗を作り出す腺の働きを抑える効果があります。まずは1日1回、入浴後に塗布していただきます。1週間程度で徐々に効果が現れてくることが多いです。しかし、この成分に反応して赤みやヒリヒリなどの副作用が強くでる方もいらっしゃいます。効果が確認できたら、少し間隔をあけながら外用を継続していただきます。手足の多汗症にも有効です。

・制汗クリーム:医療機関でのみ、販売しているクリームを用意しています(化粧品の扱いになります)。汗は比較的少なく、臭いも気になる方にオススメしております。朝、おでかけ前に塗布していただきます。足裏の汗、臭いにも効果的です。

・手術:汗よりも臭いが気になる方にご紹介しています。外来で客観的に臭いを確認し、手術の適応を認める方のみ行います。ワキにメスを入れ、臭いのモトになる汗の腺を除去する手術です。日帰りで局所麻酔で手術を行いますが、術後に1週間程度、手術部位の安静が必要となり、日常生活に制限がかかります(詳しくは外来でご説明いたします)。入浴も制限されるので、秋冬に手術を受けることをオススメします。

以上、ワキ汗や臭いでお悩みの方の参考になれば幸いです。まずはご相談だけでも、お気軽にご来院ください。

文責:院長

投稿者: 祖師谷皮ふ形成クリニック

2018.03.09更新

この季節、ワキ汗、汗シミ、臭いを気にされて来院される方が多くなってきます。
汗対策でお悩みの方はいませんか?

 冬でも厚着しすぎて手足は寒いのにワキだけ汗をかいたり、緊張して手掌がぐっしょりになったり。汗は年中気になることがあります。
クリニックでは、汗を抑えるためにワキに直接注射を打つ方法、手術を行う方法、薬を塗る方法など、症状に応じてその方に適した治療法をご紹介しています。

ワキ汗の治療として、特に「ボトックス」という注射があるのをご存知の方も多いのではないかと思います。でも、実際どんなことをするのか気になるけど、医療機関にかかるのをためらっている方も多くいらっしゃると思います。そこで、今回は注射のこと、塗り薬のことなどワキ汗、手足の汗について治療の実際をご紹介していきます。

私もワキ汗を気にしながら、注射までは、、、と思っていましたが、クリニックで初めて塩化アルミニウムという塗り薬のことを知りました。実際に使用してみると、思ったより効果を実感できています(あくまでも私個人の経過です)。お悩みの方、まずはお気軽にご相談ください!

次は院長より、実際の治療についての解説です。

文責:スタッフA

(2)へつづく

投稿者: 祖師谷皮ふ形成クリニック

2018.01.10更新

冬はタイツや長袖を身に着けているので、むだ毛の処理を怠りがちではないでしょうか?実は、今の時期に脱毛の施術を始めると、薄着になる季節にむだ毛のお手入れが楽になりますよ。

 脱毛の施術は、部位や毛質により個人差はありますが、4~6週間おきに3回~7回程度かかります。当院では「蓄熱式」のレーザー脱毛機を使用しているので夏の施術も可能ですが、夏に間に合わせるには冬の間の今がオススメです!

一般的なレーザー脱毛と「蓄熱式」レーザー脱毛の違いは?
1.痛みが少ない
2.日焼けしたお肌や肌色の濃い方でもOK.(日焼け直後の赤い肌はNG)
3.お子さまの脱毛も可能
4.治療間隔が今までよりも短い
などの特徴があります。

そして、当院ではあえて回数によるコース設定はしていません。
というのも、脱毛は部位や毛質により抜け具合に個人差があります。ご自身の満足させるところで終了していただくのが理想だと思います。

初めての方も、脱毛経験のある方も、「蓄熱式」脱毛が気になったらぜひ、カウンセリングだけでもご来院お待ちしております。

文責:スタッフA

投稿者: 祖師谷皮ふ形成クリニック

2018.01.09更新

みなさま、お顔の乾燥がすすんでいませんか?
乾燥が進むと、お肌のいろいろなトラブルの元になります。
体を含めて保湿はとても大切ですが、塗るだけでは追いつかない方は必見です!!!

 夏の日焼け、秋からの乾燥とお肌には負担がかかりっぱなしです。
ご自身の化粧品だけでは保湿が足りないと思われる方はぜひご相談ください!

今回は、メソアクティス施術の実際についてご紹介いたします。

「メソアクティス」は、保湿成分やお肌に必要な薬剤を電気の力を借りてしっかりお肌へ導入していくための機器です。お肌に電気的に細かい孔を開けてそのから薬剤を導入するため、お化粧品を塗るのに比べ、遥かに効率よく浸透させることができいます。あ、「孔を開けて」と言っても、痛みはなく肉眼で見えるような孔ではありませんのでご安心を。

メソアクティス      

当院では、導入する薬剤によって以下のようなコースを設定しています。
・アンチエイジングコース
・しみ、肝斑、美白コース
・アトピー性皮膚炎、赤ら顔コース
・ニキビコース(ピーリング込)

まずは院長の診察を受けていただき、お肌のお悩みをうかがいます。
その後、機械を使ってデジタル的にシミや肌理の粗さ、シワなどを計測いたします。

初回の診察時、空きがあれば施術も可能ですが、基本的には施術の予約をお取いただきます。
診察や施術の際には、パウダールームでお化粧をおとしていただきます。

施術の準備が整ったところです。
その後、施術室に移動してベッドに横になります。リラックスして施術をお受けいただけるよう、アロマの香りでお迎えいたします。

施術風景2
準備が終わりましたら、お顔に保湿成分たっぷりのクリームを塗っています。

施術風景3
まずはスティック状のペンで細かい孔を開けていき、ローラーで導入していきます。その際、お肌が荒れていると多少電気の刺激でピリピリ感じることがあります。乾燥がひどい方は、お顔に乗せたクリームが施術の終わりにはすべてなくなってしまうことも!施術後は、鏡をみて、お化粧なしで帰られる方もいらっしゃいます!

ご興味のある方、ぜひ一度ご体験ください。
リピーター続出です。

文責:スタッフA

 

 

 

 

投稿者: 祖師谷皮ふ形成クリニック

2017.09.11更新

 夏の暑さも落ち着いて一気に秋らしくなってきましたが、お肌の疲れは溜まっていませんか?夏はお肌にとっても過酷です。外に出れば強い日差しで紫外線を浴び、建物に入ればエアコンで、意外にも乾燥MAXです!!!

 日焼けや空調で乾燥しカサカサになったお肌は、あせもや湿疹の原因にもなり、お顔だけではなく、全身に肌トラブルが起こってきます。夏のダメージを受けたお肌には、これからの秋・冬シーズンにしっかり保湿をして、潤いを与えてあげることをおススメいたします。特にお顔は毎日鏡をみることからも、皆さまとれも気にされる部位だと思います。

 そこで、普段のお手入れでは解消できないお顔の乾燥や肌荒れ、夏の間に増えたしみやすくみ、小じわに対して、当院で行っている美容施術「メソアクティス」をご紹介いたします。

「メソアクティス」は、お肌の保湿成分であるヒアルロン酸や、ビタミンC、美白成分などを、電気の力を借りてお肌の奥までしっかり送り届けてくれる医療機器です。この施術にはいろんなコースがありますので、ひとりひとりに合ったコースを受けていただけます。

 わたくし自身もこの施術の効果を実感し、毎月かかさず施術を受けております。特に肌がカサカサの時は、顔に塗ったクリームが吸い込まれていくように吸収され、皮ふの内側からふっくらした感じがします。と同時に、キメが整ってくるのとくすみがとれて肌が明るくなってくるのを実感しています(わたくしの個人的な感想です)。

 お肌が疲れているなと感じたら、ぜひご相談ください。
次回は、実際の施術はどんな感じなの?と気になる方に、「メソアクティス」施術の様子をお伝えしたいと思います。

文責:スタッフA

投稿者: 祖師谷皮ふ形成クリニック

2017.08.07更新

 こんにちは。クリニックスタッフの"A"と"H"です。
院長と一緒に私たちが気になること、学んだことを発信してまいります。

さて、毎日暑い日が続きますが、皆さま紫外線対策していますか?紫外線による「肌の光老化」を防ぐためには、日焼止めを日常的に使用することが大切です。

「肌の光老化」って何?というところから、少し掘り下げていきたいと思いますので、少しお付き合いください。
私たちは日々、一年を通じて太陽の光を浴びていますが、これを長期間、無防備に浴び続けるとしみ、しわ、たるみの原因になってしまいます。これを「光老化」と呼び、その主な原因が紫外線です!紫外線には、肌の奥まで入り込むUVA波と、浅いところに悪さをするUVB波があります。夏のこの時期、特に日焼けとして実感できるのがUVB波で「しみ」の原因になります。これは多くの方が気をつけていると思いますが、それ以外の時期にも悪さをするのがUVA波で「しわ」「たるみ」の原因になってしまいます。夏が終わっても、実は紫外線対策が必要なのです!

皆さまは日焼止めを選ぶ時、何を基準に選んでいますか?
成分のこともありますが、SPF50やPA++++などの表示があると思います。これって、何の値でしょう?SPFとは、「しみ」やいわゆる「日焼け」の原因となるUVB波を防ぐ効果を示し、最大50+の製品があります。数値が大きいほど、塗らない時に比べて日焼けするまでの時間を遅らせることができると考えてください。一方、PAは「しわ」「たるみ」の原因となるUVA波を防ぐ効果を示します。

先日、出かけるまで曇っていたので、気を抜いて足に日焼止めを塗らずに出かけました。歩いている途中から足の甲が痛くなってきて、夜お風呂に入ったら結構ヒリヒリしてしまいました。ちなみに今でも黒くなっていますが、忘れがちな首の後ろや足の甲なども塗り忘れのないように!

クリニックでは、院長やスタッフが使って良かったもの、お肌にやさしいもの、ノンコメドジェニック(毛穴をふさがない)のものなど、お勧めの日焼止めをご紹介しております。にきび肌や敏感肌の方、お肌にあう日焼止めが見つからない方など、ぜひご相談くださいね。

文責:スタッフA

 

 

投稿者: 祖師谷皮ふ形成クリニック

2017.08.01更新

 はじめまして。祖師谷皮ふ形成クリニック院長の川手と申します。
当院のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日より、ホームページ上に載せきれない情報やマメ知識などの医療情報、スタッフからの耳よりな情報、祖師谷地域のことや気になることなどなど、不定期ですが少しづつブログを更新してまいりたいと思います。

しばらくたっていったいどんな内容のブログになっているのか、まだ想像もつきませんが、当院のスタッフとともに気の向くまま書きすすめてまいります。

どうぞよろしくお付き合いください。

投稿者: 祖師谷皮ふ形成クリニック

2017.02.01更新

よろしくお願いいたします。

投稿者: 祖師谷皮ふ形成クリニック

祖師谷皮ふ形成クリニック 診療時間 9:30~12:30/15:00~18:00 休診日:木・日・祝 どんなに小さなお悩みもお気軽にお電話ください tel:03-6411-3156 WEB予約はこちらから
  • 祖師谷皮ふ形成クリニック 診療時間 9:30~12:30/15:00~18:00 休診日:木・日・祝
  • bottom_tel_sp.png
  • WEB予約はこちらから
祖師谷皮ふ形成クリニック 診療時間 9:30~12:30/15:00~18:00 休診日:木・日・祝 tel:03-6411-3156 WEB予約はこちら
  • やけど治療
  • クリニックブログ
  • Nail Salon Kanon ネイルサロン カノン
  • 料金表
  • 脱毛料金表
  • スタッフ募集